尾張横須賀まつり

本町組山車

山車の上に載った大きな甕(カメ)が特徴です。
山車の高さが6.8m余りと丈が高く、大きな龍で囲まれた高欄下の支輪彫刻をはじめ数多くの山車彫刻で飾られています。
「波と龍」、「四君子」、「獅子」など主要彫刻一式は天保年間に名古屋の彫物師瀬川治助重定により制作されました。正面前棚部の素木彫刻の「玉川」は重定の子瀬川治助重光の手によるもので山車建造の7年後、嘉永2年(1849)に追加されています。 水引幕は白地に金糸の松と鶴

高さ…約6.80m
間口(幅)…約2.50m
長さ(奥行き)…約5.70m

本町組のからくり人形

からくりは中国北宋時代の政治家司馬温公(1019~1086)の故事を題材にしています。

司馬温公が子供の頃、友達と庭で遊んでいたときに仲間の一人が誤って甕(かめ)に落ちてしまいます。
そこで司馬温公は慌てず甕を割って、中から仲間を助ける様を大小2体の唐子人形で演じます。
現在尾張地方に残るからくり人形の題材としては唯一のものです。
松の木にぶら下がって甕の上に乗り太鼓を打つ所作は「差し金」という機構を使った離れからくりです。

弘化2年(1845)竹田源吉作
昭和49年七代目玉屋庄兵衛修復
平成24年小唐子と前人形を九代目玉屋庄兵衛修復

↑ PAGE TOP