本文へスキップ

ようこそ尾張横須賀まつりへ

愛知県東海市横須賀町 尾張横須賀まつり保存会

KOTSU-GUMI ENTSU-SYA公通組圓通車

 山車の建造は寛政年間(1789〜1801)と推考されます。山車が持ち込まれたのは文化2年(1805)で、高さ…約6.45m間口(幅)…約2.50m長さ(奥行き)…約5.5m重さ約5.00t
 大幕は猩々緋(羅紗地)で、平成10年(1998年)、大幕が新調され全面に「圓通」の文字が入れられました。水引幕は紫紺地に千鳥が乱舞する様が刺繍されています。
 からくり人形(弓射り人形)。小木偶が矢台を差し出すと、大木偶が矢を抜き取り、弓に番えて的に向かい、狙いを定めて矢を射る。その矢が的に命中すると的の中からジャンを持った童子が飛び出し的を舞台にジャンを鳴らし笑顔で喜びを表現するからくりです。


尾張横須賀まつり

連絡先情報

横須賀祭り保存会

連絡先:保存会事務局
TEL.0562-33-0933
info@yokosukamatsuri.com

訪問者数